ECO
居眠り運転の原因は多くの場合睡眠不足です。最近ではストレスによる睡眠障害なども問題になっていますが、居眠り運転による事故を未然に防ぐのはあなたの責任です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

居眠り運転対策

居眠り運転対策として

自動車で外出する前に
・前の晩に十分な睡眠をとる - 大人が日中に覚醒状態を
 維持するには平均して7~9時間の睡眠が必要と言われています。
・長距離ドライブの時には、150キロ毎、または2時間おきに
 適当な休憩を計画しておきましょう。
・長距離ドライブの時には、同乗者がいる方がいいでしょう。
・運転前はアルコールや眠気を引き起こすような薬の服用を
 避けましょう。どうしても服用する必要がある場合は医者に
 尋ねるかくすりのラベルを確認しましょう。


居眠り運転による事故を未然に防ぐ対策

 ■居眠り運転の危険信号■
  ・まぶたが重くなる
  ・頭が時折こっくりし始める
  ・一定の間隔をおいて欠伸(あくび)をする
  ・視野が狭くなり、ぼんやりと何かを考えています。
  ・路肩にタイヤを乗せて、車が揺れることでハッとする


上記の様な居眠り運転の危険信号に注意を払いましょう。
もし、眠気や疲労を感じたら
・高速道路上ならパーキングエリアで休みましょう。
・少なくとも15~20分間、眠りをとるための安全な場所に
 車を停めましょう。
・コーヒーを飲むなどしてカフェインを摂取しましょう。
・短い居眠りをとる前にカフェインを摂取すると、仮眠を
 とった後に比較的頭がはっきりとしやすいようです。


居眠り運転と原因と対策 トラックバック:- コメント:-

居眠り運転はやめましょう

居眠り運転とまではいかなくても、眠くて仕方ない状態で
運転を続けた事、または続けざるをえなかったという事は
誰もが一度は経験しているかもしれません。

大多数の人は飲酒運転がどれ程危険かを理解しているのに
眠い状態で運転する事の危険性を理解していないようです。
アルコールで判断が遅れることと、眠気によって注意力が
低下して、反応が遅くなることに大きな差はありません。
居眠り運転は自分や他人の命を奪う危険性もあるという事を
しっかりと認識する必要があります。

これまでに起きた事故の中で、居眠り運転が原因で起きた事故を
正確にカウントする事は困難です。なぜなら致命的な事故が多く
運転手が他界しているケースでは、確認のしようがありませんし、
アルコールによる事故と違い運転手の呼気などから居眠り運転だと
判別する術もありません。運転手自身も何が起きたのか覚えていない
という事も多いからです。

けれども、現場に残された状況証拠から居眠り運転による事故か
どうかを推測する事は可能です。
居眠り運転による事故はドライバーが一人で単独の自損事故が
多いようです。怪我は致命的なものが多く、ブレーキ痕が全く
無いなど回避操作の痕跡が見られないものが居眠り運転による
事故であったことを示唆します。


居眠り運転はやめましょう トラックバック:- コメント:0

| 居眠り運転防止委員会TOP |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。