ECO
居眠り運転の原因は多くの場合睡眠不足です。最近ではストレスによる睡眠障害なども問題になっていますが、居眠り運転による事故を未然に防ぐのはあなたの責任です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

居眠り運転の危険信号

居眠り運転の危険信号をいち早く認識する事で危険を
回避する事が可能です。ほとんどの場合眠いという事に
気付いてはいても、居眠り運転に対する認識が甘いせいで
危険な事故に繋がるケースが殆どです。

まぶたが重くなってきて、頭が時折こっくりし始めて、
一定の間隔をおいて欠伸(あくび)をかく。
そして、視野が狭くなり、ぼんやりと何かを考えている。
何とか意識を保とうと太ももをつねったり、叩いてみたり
コーヒーを飲んだり、ガムをかんだり…
時には路肩にタイヤを乗せてしまって、車が揺れることで
ハッとする。


こんな経験ありませんか?居眠り運転をするつもりは全く
無くても体は正直です。睡眠が必要だという兆候をいくつも
出して、あなたが眠るように促します。



実際に居眠り運転したことがある人と、しそうになった人を
あわせると7割を超えています。繰り返しますが、居眠り運転の
危険は、すぐそばにあると言っても過言ではなさそうです。
居眠り防止策として、特殊なシートが開発され、5年以内の
実用化が進められています。とはいえ、休息をまめにとるといった
ドライバー自身の予防がまずは第一です。

ところで、警察庁の調査によると、自動車運転免許所有者の
8%近くが、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるということです。


居眠り運転のリスクグループと危険信号 トラックバック:0 コメント:0

<< 居眠り運転防止シート | 居眠り運転防止委員会TOP | 居眠り運転のリスクが高いのは、こんな人。 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。