ECO
居眠り運転の原因は多くの場合睡眠不足です。最近ではストレスによる睡眠障害なども問題になっていますが、居眠り運転による事故を未然に防ぐのはあなたの責任です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

居眠り運転のリスクが高いのは、こんな人。

全ての人が毎日の睡眠を必要としていますから、十分な
睡眠(質と量)をとれないような時には、どんな人でも
疲労や眠気のせいで居眠り運転におちいる可能性があります。居眠り運転につながる様々な要因として、一言で言ってしまえば
睡眠不足ですが、睡眠不足の理由も実に多様です。

・慢性的な睡眠不足
・定期的に眼が覚めてしまったりするような睡眠障害
・仕事のスケジュールが厳しい
・薬物の摂取による眠気
・体内時計のリズムの乱れ(昼夜逆転の生活など)
※これらにアルコールが結びついたら、どれ程危険か
 想像がつきますね。

居眠り運転を引き起こす傾向の強い特定の危険グループ
としてあげられるのは
・若年層の男性(特に25歳以下)
・シフト制勤務により夜勤で労働時間が長い人
・長距離トラックドライバーやバスの運転手
 (全ての大型トラックの事故の内少なくとも15%は極度の疲労が
 原因であるという統計もあるようです。)
・睡眠無呼吸時無呼吸症候群だと気付いていない人々
・海外出張が多く24時間周期の体のリズムが変化しやすい人

上記の項目に当てはまるような方は車を運転する時には
十分な注意が必要です。ちょっとした眠気をなめては
いけません。
定期的に休憩をとるとか、必要であれば短時間の睡眠を
とることで居眠り運転による重大な事故を未然に防ぐ事が
可能です。

居眠り運転を防ぐ鍵はあなたが握っています!


居眠り運転のリスクグループと危険信号 トラックバック:0 コメント:0

<< 居眠り運転の危険信号 | 居眠り運転防止委員会TOP |












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。